厄介な背中ニキビも対策しておけば何も恐れることはありません

厄介な背中ニキビも対策しておけば何も恐れることはありません

厄介な背中ニキビも対策しておけば何も恐れることはありません

背中ニキビが一度出来てしまうと、歯止めが利かなくなるほど集発してしまうケースが多いように思います。

 

それに背中にニキビがたくさんあると、夏になれば露出も増えるので大変困ってしまいます。

 

そんな厄介な背中ニキビですが、出来てしまう原因を知って対策しておけば何も恐れることはありません。それでは、その原因と対策について述べていきたいと思います。

 

背中ニキビが出来る原因

 

顔に出来るニキビが出来る原因として、アクネ菌はよく知られていると思います。
しかし、体に出来るニキビというのはマラセチア菌という菌が原因だと言われています。

 

この菌はアクネ菌同様に、普段皮膚に生息している在住菌といって空気中など外部からの菌から身を守ってくれる菌なのです。

 

そのマラセチア菌には色々種類があって、その中でもマラセチア・ファーファーという菌は毛穴の中に異物が入ると過敏に反応します。

 

それにこれらの菌自身は酸素を嫌い皮脂を好み、湿った場所が好きといった特徴もあります。
つまり、顔や首と同様に皮脂が多く流れる背中にもニキビは出来やすいポイントと言えるのです。

 

おすすめのスキンケア製品はこちら⇒http://ecobitel.com/

 

背中ニキビが出来ないようにするには

 

背中ニキビが出来てしまう原因とその対策としては、

 

ナイロン製のボディタオルを使っている

 

ナイロン製のボディタオルは刺激が強く、古い角質を落としてくれるのは良いのですが、必要な皮脂まで落としてしまいます。
結果、更に多くの皮脂が流れてしまってニキビへと繋がってしまいます。

 

対策としては、オーガニックコットンなどの天然繊維で出来たボディタオルを使うようにしましょう。

 

不衛生な衣類を着用している

 

衣類が汚れていることで、毛穴に異物が入り込んでマラセチア菌が反応してしまいます。
なるべく衣類は綺麗な物を着用するようにしておきましょう。

 

汗をかいたらシャワーを浴びる

 

マラセチア菌は汗の様に皮脂を含み湿っている場所が大好物です。
汗をかいた後には、なるべく早めにシャワーを浴びて汗を洗い流しましょう。

 

清潔にすることが一番大切

 

背中ニキビを発生させないようにするには、清潔にすることが一番大切だと言えます。
着用するものに関してもなるべく天然の物を着用するようにして、背中ニキビが出来るのを防止しましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ