顔にニキビが出来るメカニズムは皮脂とアクネ菌が関係

顔にニキビが出来るメカニズムは皮脂とアクネ菌が関係

顔にニキビが出来るメカニズムは皮脂とアクネ菌が関係

以前は20歳を過ぎればニキビとは言わず、吹き出物と言っていました。
しかし近年では、吹き出物とは呼ばずに『大人ニキビ』という単語が定着してきたように思います。

 

その大人ニキビは一度出来ると、なかなか治らずに悩んでいる方も多いのが現状です。

 

特に顔に多く出来てしまうと、跡が残らないのか非常に心配になってしまいます。
そこで、顔にニキビが出来るメカニズムや原因について述べていきたいと思います。

 

顔にニキビが出来る原因

 

まずニキビが出来る原因としては、主に毛穴に皮脂が詰まってしまうことが大半です。
そしてその皮脂が詰まっただけの状態のことを白ニキビと呼びます。

 

この白ニキビが酸化することによって黒ずみが出てくると、黒ニキビと呼びます。

 

更にそこからアクネ菌が繁殖すると赤ニキビとなっていきます。

 

赤くなっているのは毛穴にアクネ菌が増殖して炎症を起こしているからです。
最後にそこに膿が溜まっていけば、黄ニキビと変化します。

 

アクネ菌の特徴

 

アクネ菌は悪玉菌の代表のようなイメージが定着していますが、実は普段顔に生息している「在住菌」という菌です。
この菌がいてくれるお蔭で、皮膚は空気中の菌など外敵から身を守ってくれているのです。

 

そしてそのアクネ菌の特徴は、酸素を嫌い皮脂を好む傾向にあります。

 

つまり、乾燥肌になった場合にはアクネ菌は表面上にはいないので、外敵に晒されてしまうから刺激を受けて痒みを帯びます。
逆に毛穴に皮脂が詰まってしまった場合にも、アクネ菌が餌を求めてそこへ群がるので炎症してしまいます。

 

つまり、ニキビを作らないようにするには皮脂の分泌を抑える必要があります。

 

爪で膿を出してはいけない

 

もしニキビが出来てしまった場合には、絶対に爪で膿を出そうとしないで下さい。

 

理由としては爪の中にも菌が潜んでいるので、却ってニキビを悪化させてしまう恐れがあるからです。
数が多い場合には専門医へ診せに行きましょう。

 

少ない場合にはニキビ薬を塗って、なくなるまで大人しく待つしかありません。
以上、『顔にニキビが出来てしまう原因について』でした。"


ホーム RSS購読 サイトマップ